先延ばしにしていたアメブロカスタマイズ、専門家にまかせてみませんか?

はじめてのお仕事ブログのつくり方

こんにちは、
がんばる起業女性の事務とアメブロサポート さとうなおこです。

 

これを読んでいる起業女性の皆様は
お客様に自分のサービスを知ってもらいたい為に
お仕事ブログを始めている方も多いと思いますが
書いてもアクセスが伸びなかったり
お問い合わせもなかったりして
途中で挫折した方も多いのではないでしょうか?

 

今日はお仕事ブログを書くメリットを
挙げてみますね。

 

 

ネット集客はSNSが出来ればいいかと思いがちですが…

 

ここ数年もてはやされているSNS起業、
このおかげでひと昔よりは起業のハードルも低くなり、
「オンラインで仕事や講座をする」
という働き方も随分増えてきました。

 

 

ネットはやっぱり便利ですし
起業女性にとってSNSは確かに集客に役立つ重要なツールです。

でも「SNSを知ることが出来ればお客様が集まる、簡単に稼げる」という
今の風潮はどこか違うのではないかと思っています。

SNSはあくまで登録している方しか見ることができない
限られた発信のツールです。
そして一度投稿した情報は「流れてしまう」為
あとから探そうと思っても見つけるのが難しいんです。

 

 

ブログだとお客様に見つけてもらえる可能性が広がります

 

でもブログは違います。

SNSと一番違う点は

「書いた記事は蓄積されて、後からも検索することが出来るメディア」なんです。

 

 

つまり、

「こつこつ毎日発信していく」と

GoogleやYahoo!などの検索にもあがりやすくなり
お客様に見つけられる可能性も高くなります

 

 

見られやすいブログとは、お客様にわかりやすいブログです

 

それではお聞きします。

ブログを見られるようになるにはまず何が必要だと思いますか?

 

クリック リンク

 

もちろん、お仕事ブログとして読まれるようになるには
「日々の日記」や
「ママ友とのランチレポ」な記事ばかりを書くことではないことは
もうお分かりですよね?

 

そうです。
お客様にとって
ブログを書いている人のことや
その人が提供しているサービスについて

「ブログをパッとみてわかりやすいか?」

…ということではないでしょうか?

 

 

 

「基本的な情報」見られやすい場所に置けてますか?

 

では次にその「わかりやすいブログ」について考えてみましょう。

あなたのサービスがお客様にわかってもらえる為には…

 

◆ブログタイトルや写真から「あなたのサービスのイメージがわかる」

◆メニューがどこにあるかわかる

◆あなたという「人」についての情報がわかる

◆お問い合わせはどこからすればいいのかわかる

というように「基本的な情報=お客様が知りたい情報」がパッとわかると
お客様になりうる方にとっては「わかりやすいブログ」になるのではないでしょうか?

 

 

 

お客様候補はまずブログを見てから考えます

 

既にホームページを作っていらっしゃる方はまだしも、
まだアメブロなどのブログのみで発信している方も多く
今の時代、ある程度ネットやスマホをさわる人は
自分が商品を買おうかな、と
検討する時には、

かならずブログをチェックします。

 

 

そこに書かれていることがまずわかりやすくないと
興味がわかないんですよね。

そう、

どんなにがんばってブログを毎日書いていても
「ああ、この記事おもしろかった」だけで
既読スルーなんですよね。

 

 

まとめ:まずはブログを整えることから考えてみませんか?

 

いかがでしたか?

個人で仕事を始める、起業してネットでお客様を集める、ということは
思っているよりずっと地道で
こつこつとした発信が必要になってくるんです。
そしてそれには見られやすいブログに整える、ということが
必要とになります。

これを機に今年はブログの基本を整えること、を始めてみませんか?
詳細については↓をチェックしてみてくださいね。

 

 

無料メールマガジンでは
ブログに関するお役立ち情報をお届けしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
さとうなおこ

さとうなおこ

国内外の女性起業家の事務管理やブログサポートを数多く 行ってきた経験を活かし、現在は ブログ・SNS講座の開催や オンライン起業塾で起業初期の女性向けにブログコンサル・発信サポートを行っている。 うお座・O型・動物占いはぞう。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。